本文へ移動

食育

エコファーム立石では
地域の皆様とのコミュニケーションを通じて食育活動を推進しています。

産地と暮らしを近づけよう

食育とは

「食」は「人」を「良」くするもの

 

平成17年に施行された食育基本法では、“食育を、生きるうえでの基本であって、知育、徳育および体育の基礎となるべきものと位置づけるとともに、さまざまな経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てる食育を推進することが求められている”としています。


食事は単に体に必要な栄養素を補うためだけではなく、体と心の両方を育むものです。

「食」を通じて人と触れ合ったり、感謝する気持ちを身につけたり……。正しい「食」の知識を得ることで、生涯にわたる健康な体と心、つまり人を作るのが「食」なのです。

食育活動

食は生命を支えるもの。子どもたちにその成り立ちを伝え、人と自然、産地と食卓のつながりを知ってほしい…そういった想いを込め、私たちは4つのテーマを主に食育活動に取り組んでいます。
 
 
①地域で採れる食材(農産物)を生かした食生活(地産地消)を知ること。
②伝統的な地場の食文化を伝承すること。
③生活の中で実践する力、すなわち自立する力を養うこと。
④食生活にかかわる健康・栄養・環境・農業・文化などの情報をもとに、生きる力、感謝する力を育てることを目標とした活動である。

ミニトマトのおはなし

原産地

アンデス高原

効能

ミニトマトにとても多く含まれるリコピンは、癌、動脈硬化の予防に効果的な、
抗酸化作用が高く、最近ではメタボ対策にも注目されています。
他にも、毛細血管の働きを促すルチン、肌荒れを防ぐビオチン、
余分な塩分を体外へ排出させるカリウム、ダイエットに効果的なビタミンCなど
ミニトマトには体を支える大切な栄養素がギュッと凝縮されており、
その効果はなんと、普通のトマトの2倍!
また、熱を加えることで栄養価はさらにアップします。

美味しい食べ方

美味しいミニトマトを見分けるには、水に浮かせてみると言う方法があります。
糖度が高いミニトマトは、水に沈みます。
基本的には生食で、サラダやそのままの状態で食卓に並ぶミニトマトですが、
スープやシロップ煮など、熱を加えた調理法でもとっても美味しく頂けますし、
さらに栄養満点に!
疲れた日には、栄養ドリンクより、真っ赤なミニトマトを一口!!
有限会社エコファーム立石
〒866-0002
熊本県八代市郡築十一番町102-2
TEL:0965-37-1982
FAX:0965-37-1983

――――――――――――――――――
ミニトマトの生産・販売
――――――――――――――――――

JGAP(日本GAP協会)認証農場
地域特産農産物マイスター認定
エコファーマー認定
――――――――――――――――――
 
TOPへ戻る